華麗にステップアップ!失敗しない転職プラン

人事採用担当者がまず見るのは、貴方の実績とスキル

転職活動を成功させるには、事前の準備や根回しが鍵です。
特に同じ業界への転職は慎重にしないと、転職後に遺恨を残してしまいかねません。
同業は案外人脈が被る事も多く、取引先や社外関係者についポロリと口にした途端、会社にバレたり、トラブルを引き起こしてしまうことは覚悟しておいてください。
また、今の会社でプロジェクトのメンバーに属している場合は退職の意向を会社に伝えてもすぐには受理されない場合もあります。
特に貴方が関わっているプロジェクトが社外秘扱いの重要案件であればあるほど、会社は情報流出を恐れ貴方を解放してくれない可能性が高いのです。

さらに、貴方の後任が見つからない時も会社は必死で貴方を引きとめようとするでしょう。
では、転職をスムーズに進めるにはいつ頃から準備すればいいのでしょうか。
貴方が管理職やプロジェクトリーダーの立場にいるのであれば、抱えている案件が一段落する時期が辞職を切り出すタイミングです。
外資系企業や特殊な業界でない限り、四半期毎の期が変わる前の1ヶ月前で切り出すとよいでしょう。
併せて案件進行中に貴方の後任の目星をつけておくことです。
案件がスムーズに引き継ぎができていれば、会社は貴方を強引に引き止める権利はありません。
一般社員であっても同様です。
「責任のない事務処理だから、突然会社を辞めても大丈夫」とは決して考えないでください。
貴方の穴埋めをする為に他の社員の負担が重くなってしまいます。
企業の人事担当者は履歴書やスキルだけで採用を判断しません。
会社を辞める毎にトラブルを起こしていると、人事業界で噂が立ち、最終的には貴方の評価を下げることになってしまうのです。

立つ鳥、跡を濁さず!転職準備は用意周到が鍵

企業が中途社員を募集するのは、即戦力はもちろんですが、人材不足による業務の停滞を解決するために自社にない高いスキルや実績数を多く持つ「人財」の確保が本当の理由です。 採用後に自社に貢献してくれるか否かはこれまでの貴方の実績とスキルが判断ポイントになります。

企業の人事組織の改変時期を知っておこう

転職を始める上で知っておきたいのが、企業の人事組織が動き出す時期です。 ほとんどの企業は春から夏にかけて新卒採用検討があるため総務や人事採用担当部署は慌ただしくなります。 即戦力が必要な中途採用募集は、新卒採用が一段落ついた9月頃から翌年の1月ぐらいに募集をかけ、3月上旬までには採用人員を確定します。

転職サイトを徹底的に活用する

なんとなく転職を考えはじめたら、転職案内サイトに登録することから始めましょう。 一度登録をすれば、希望の業種の企業のスカウトや募集情報をメールで通知してくれます。 世の中の求人状況を把握しておくことで今後の転職活動の目安がつきますし、サイト内には転職に役立つ知識が掲載されていますから参考になります。

トップへもどる