華麗にステップアップ!失敗しない転職プラン

>

立つ鳥、跡を濁さず!転職準備は用意周到が鍵

転職でステップアップするためには

転職をするからには、ステップアップを狙うのは当然のことです。
今の会社ではスキルを生かせず、もっとスキルアップしたいと思っている方々は以下をよく検討してください。
金銭面や待遇面を重視する場合は、貴方が将来転職先で組織を率いて業務を遂行する人材であることをアピールする必要があります。
貴方が会社にどれだけ貢献できるかが、キーポイントです。
人事採用担当者は貴方のスキルや実績が、人材を必要としている自社部門とどれだけマッチングしているかを見極めます。
実績やスキルの目安として、最低3〜5年の勤務実績に、保有資格、手がけた案件数(業務実績)が重視されます。
つまり、たとえ専門の知識や高度な資格を持っていても1〜2年でコロコロと転職を繰り返していては、業務実績の正しい判断が出来ないばかりか、採用してもすぐに辞めてしまいかねないという印象を与えてしまうのです。
1年未満なら、まだ転職の時期ではありません。

スキルや実績がない場合には

特別なスキルや実績がほとんどない方の場合は、往々にして勤務期間が短い方や会社の都合で部署を頻繁に異動せざるを得なかった方が当てはまると思います。
だいたいそのような環境にいる方は、パワハラ上司がいたり、ブラック企業だったりするものです。
そんな職場環境で我慢する必要はありません。
すぐにでも転職活動を始めるべきです。
しかしながら少しでも有利に転職を進めるには、「プラスアルファ」を身につけておきましょう。
語学力、書類作成知識、法律知識、マネジメント知識・・・、なんでも構いません。
今の会社で働きながら、資格取得を目指したり話し方教室に通ってプレゼンテーション力を高めておきましょう。
採用面接では、必ず勤務期間の短さや業務実績の数の少なさを聞かれます。
人事担当者が納得できる理由をいくつか用意しておくことです。


この記事をシェアする

トップへもどる